光回線のネクストステージ、光コラボレーションとは

2015年は光回線にとって新たな1年となります。今までは一部のサービスを除いて光回線は回線事業者とプロバイダ事業者がそれぞれ別でした。回線はフレッツでプロバイダがぷららなどが代表的ですね。

それが光コラボレーションというものが始まり、回線事業者とプロバイダ事業者が一体になったサービスを提供できるようになりました。具体的には独自のオプションサービスや月額料金、さらには契約期間まで自由に決められます。※当然各事業者が採算が取れるレベルの話にはなりますが。

ユーザーにとっては新サービスがスタートすると聞きなれない語句ばかり耳に入ってくるので最初は混乱するかもしれません。ただ、光コラボは間違いなく今よりお得になると断言できます。

フレッツ光なのにauの通信料金が毎月割引されたり、契約の縛り無しでいつでも解約できたりもします。ユーザーにとって選択肢が広がるのは良いことですが、同時にどれを選んで良いか分からないと言った悩みもでてきます。

そんなときにおすすめなのが最新の情報が網羅されている光コラボ比較サイトです。キャンペーン特典はもちろん、細かいオプションについてまでしっかり記載されているので、ネット初心者の人でも十分理解できる内容になっています。

光コラボレーションはまだスタートしたばかりなので、正しい情報や間違った情報が入り乱れています。失敗しないように正確な情報で比較して今よりお得になっちゃいましょう!

光回線に物申す

最近ギガビットイーサネット、テラビットイーサネットとか聞くようになりました。でも一つ不思議に思うことがあるんです。私はネットの実行回線速度を計れるアプリを使用しているんですけどギガビットイーサネットをうたっているという割には、そのアプリを使用して実行回線速度を計ってみると最高でも50Mくらいしか出ていない。

家で使用しているパソコン類はかなりハイスペックなものなんですけど、時たまアプリやソフトを複数使用しているとネット回線が遅くなるんです。動画が止まったりとか。で、パソコンにも問題があるのかなと思って調べているんですけど、そうでないこともあります。

よくある話で、うたっている回線速度と実行回線速度は違う。専用線でも引かない限りベストエフォート式って事です。私もかなりネットに依存するヘビーユーザですので実行回線速度の半分、500Mくらいは出てほしいと思いますね。さすがに50Mはないと思いますよ。

こうなると家に大容量のプロキシサーバでも作っておいて、頻繁にアクセスするサイトのコピーでも作っておいて、プロキシサーバに暇なときに世界のサイトに自動的に通信させておくくらいしか思いつきませんね。

かなり海外とのやり取りもしているので、確かに海底ケーブルはある一定のところからしか世界につながっていないのは分かります。あとは通常日本の中でワークしない人は海外とはあまりやり取りしませんからね。

でも使用する人にとっては3Dデザインのデータなどを一瞬のうちに海外に届けてしまいたい気持ちもあります。せめて1秒かからずそういうデータを送れるような環境を個人レベルでも使用できる環境になってほしいものです。

自宅で快適なインターネット環境を整えられる光回線フレッツ光

首都圏郊外や地方のご家庭で快適なインターネット環境を整えられる光回線・フレッツ光はとても使い易いです。集合住宅用や戸建て用の契約が存在し目的に合わせてプランを選ぶ事が出来ます。携帯電話と同時契約する事で格安な価格でご利用する事が出来ます。

・光回線・フレッツ光とは
光回線・フレッツ光はNTTグループが運営するインターネット回線サービスになります。NTTグループにはNTT東日本と西日本が有ります。地方や山間部でも快適なインターネット環境が整えられるのは光回線・フレッツ光になります。光回線・フレッツ光で出来る事はネットサイトの観覧や動画の視聴、音楽を聴く、大量のデータの送受信などになります。光回線・フレッツ光を自宅に整える場合はお近くの家電店でお申込みする必要が有ります。自宅で光回線・フレッツ光をご使用する際は専用のルーターが必要になります。直接NTTからレンタルする方法と家電店で購入する方法が有ります。

光回線・フレッツ光の最大使用台数はルーターにより異なります。無線機能が内蔵されているルーターは数多くの台数のパソコンを使う事が出来ます。有線LAN回線をご使用される際は約3台のパソコンを使う事が出来ます。ルーターの間にハブを接続する事により数十台のパソコンを繋ぐ事が可能です。しかし数多くのパソコンを同時につなぎインターネットをご使用すると送受信速度は低下します。スムーズに送受信するなら数台にしておいた方がルーターに負荷が掛かりません。

フレッツ回線活かせるようなスキル

パソコンの不具合からWindows8から8.1のOSにしたのは2週間ほど前、リカバリ、セットアップしてみても画面切り替えなどがイマイチでした。
使用しているインターネット回線はフレッツ光、回線の利用料は高いかなと思うけれど使い心地の良さということを考えるとこれですよね。

プロバイダはOCNですから回線といいネット環境としてはベストなもの、でも今回の不具合で学んだなと思うのは、スムーズな速度やパソコンのコンディションは高速の回線だからといってそれだけでは良くならないものということ。パソコンには使いやすい様にというのでいろんなプログラムやアプリ、沢山搭載されていますからこんな処での相性っていうのがあるみたいですね。

必要だけれどパソコン用ではランクが高いようなセキュリティソフト、お試し版で入っていたものですが、やっぱりこれとアンインストールしてみたら光回線ですから画面の切り替え速度も上がり、セットアップ前からあったちょこっとの不具合もいいかなという感じになりました。アドオン管理のページにはセキュリティソフトもあり、無効としても改善せず、ならばと思いきってアンインストールしてみた成果でした。

パソコンは便利だからと使うだけでなく、インストールしたアプリやソフトなどに関しても適度なものと判断できるスキルが必要ですね。自分で使うものならクオリティの高い光回線を活かせるような知識も、わからない場合には教えてもらうこともあるけれど、基礎的なことは使いながらの学びです。

フレッツ光をniftyで使っています。

niftyのフレッツ光のマンションタイプについて書いていきます。まず、通信速度ですが、これは一つのマンションで通信帯域を分け合う仕様のため、非常に遅いことが多いです。理論値は最大100mbpsということになっていますが、マンションの部屋が多い、あるいはヘビーユーザーが居るというだけで、5mbpsを切る場合が多々あります。正直、ブラウザでテキストを見るような使い方でない限りお勧めできません。例として、オンラインゲームをすると、回線の速さがまちまちなためまったく勝負にならないことも多々ありました。

次に、価格についてですが、実質の通信速度が遅い割には、他の回線と比較して大して安いわけでもないため、高いと感じます。

通信障害については、正直なところ通信速度の分け合いの影響なのか、プロバイダが原因なのかわからない状況が多々ありました。ただ、900kbpsといった具合にわずかに通信している状況が多かったので、おそらくは分け合いの影響によるものだったと思います。

他のサービスに関してですが、テレビサービスに関しては、他と比較してサービスが豊富かつ安いと感じます。ただし、通信速度の影響なのか、画面が乱れることはたびたびありました。電話サービスに関しては、非常に価格的には安いのですが、やはり通信速度の影響なのかたまに聞き取れない状況もありました。

通信以外の付属のサービスに関しては、他の回線よりも充実しているが、通信速度が正直なところ厳しいサービスだったと思います。

auひかりホーム

auひかりホームのギガ得について書いていきます。まず、通信速度についてですが、これは理論値1gbpsをうたっているだけあって速いです。有線LANで700mbps、無線を通しても200mbpsくらいは平均して出ているかと思います。他の家庭と通信速度を分け合うこともないので、非常にストレスフリーな通信回線かと思います。

価格についてですが、これは他の回線と比較して、月額料金で1000円以上は高い傾向にあります。ただし、通信速度を考慮すれば、大容量データを転送する人にとっては非常に安いのではないかと思います。オンラインのサーバーを立てる人や、オンラインゲームを多用する人にとっては、安いと感じるかと思います。あまり家にいない人、ほとんどブラウザでテキストしか見ない人にとっては高いと感じるかと思います。

通信障害についてですが、私は通信の使用時間がかなり長い部類だと思いますが、今のところプロバイダが原因の通信障害にあったことはありません。もしかしたら気づかぬうちにあっているのかもしれませんが、復旧が早いだけかもしれません。

その他サービスについてですが、電話サービスはとても安く、他の回線と比較して音質が良いと感じております。よほど家におらず携帯電話だけで十分という人を除いて、つけておいた方がいいサービスと思います。テレビサービスについては、家によくおられる主婦の方には、ケーブルテレビと比較して価格も安くかなりお得な内容と感じます。